人を知る

舶用海外営業部竹下さん2016年入社

大洋電機に入社したきっかけと、現在の所属部署を教えてください。

もともとメーカーの営業職を志望していて、就職活動をしていく中で大洋電機を知りました。入社当初は舶用国内営業部に配属されましたが、1年後に海外営業部へ異動して、現在も同じ部署で働いています。

現在は、どんな仕事をされていますか。

大きく分けて2つあります。1つ目は、新しく当社機器を買って頂くことです。だいたい2ヶ月に1回、韓国に出張し、そちらの造船所様に大洋電機の発電機を提案、販売する仕事をしています。
2つ目は、アフターサービスです。販売後の定期メンテナンスや各種問合せ、万が一トラブルが発生した時の営業窓口といった、アフターサービスも当社への信頼の根幹となる大切な仕事です。

どういうところに仕事のやりがいを感じますか。

韓国の造船所への発電機の営業と、国内のメーカーへ電動機を販売する業務を並行して担当しているのですが、それぞれ営業のやり方はまったく異なります。それぞれ違うところもありながら、どちらもお客さまへタイムリーに回答していかないといけない点は同じです。工夫が実を結び、うまく話がまとまって案件が受注に繋がったときは、やりがいを感じますね。

今後、どういうキャリアプランをイメージされていますか。

私が担当している海外向け案件は、入札による受注なのでコスト面はもっとも重視されやすい要素のひとつです。海外へ販売する際は、コストをいかに下げるかという話にフォーカスされやすくなってしまいます。今後は商品知識を高め、価格面だけではないメリットをしっかり伝え、大洋電機のファンを多く作れる営業になっていきたいと思っています。

大洋電機に入社してよかったことはありますか。

私自身、入社した時点では別に英語が得意というわけではなく、海外事情に精通しているというわけでもありませんでした。25歳という年齢でこれほど海外に行く機会を与えてもらえる人は周りにもおらず、いろいろチャレンジさせてもらえる点は、入社してよかったと感じるポイントのひとつです。

これから大洋電機を志望される方にメッセージをお願いします。

就職活動をする上で、さまざまな会社に接する機会があると思います。会社というのは人生の長い時間を過ごす場所になるので、ホームページの情報を見るだけでなく、面接に行った際の採用担当はどんな印象だったか、社風はどうだったかといったことを確認するようにしてください。その上で、大洋電機とあなたのマッチングができればいいなと思います。

一日の流れ

8:45
出社

昨夜入っていたメールをチェックします。
海外のお客様の場合、時差の関係で真夜中でもメールが入っていることが多々あります。
内容を確認し、ざっくりとした優先順位をつけます。

9:15
始業・朝礼

各月二回、各担当業務の進捗状況の報告や情報共有のための営業会議を一時間程度行います。
無意味に長時間とならないように、全体で一時間以内を目標として実施しています。

10:15
通常業務

朝確認したメールの優先順位に則り、すぐに対応しなければならない案件を集中的に対応します。
特にトラブルやアフターサービスの案件については、早期に対応をするように心がけております。

12:10
昼休み~13:00

社弁がでますので、ニュースを読みながら食べます。
天気のいい日は、気分転換に散歩に行ったり、同期と食事に出かけたりもします。

13:00
事務作業

前日出荷した製品のチェックや、工場に連絡した製品の仕様変更指示・変更した納期等に誤りがないか再確認を行います。

14:00
通常業務

回答期日に間に合うように、製品の見積や、納期・仕様等各種問い合わせへの対応を実施します。
対応に不安がある案件については、すぐに上司に相談をすることで、溜め込まないように対応することを心がけています。

17:30
出来るだけ、定時で退社することを心がけています

メールをもう一度見直し、対応漏れしている案件がないかチェックします。

17:45
定時

退社

19:00
場合によっては19:00頃まで残業有

その他参考
海外出張の場合

15時ころに事務所を出て、空港に向かう
18時頃フライト
翌日の朝から代理店と合流し、顧客訪問(2日間ほど)

その他参考
国内出張の場合

一度出社し、10時ころの新幹線発
13時ころからお客様を訪問
終わり次第新幹線で戻るか、お客様と食事。

陸用営業本部井上さん2016年入社

大洋電機を知ったきっかけについてお聞かせください。

電気関係の仕事をしていた父の影響で電機メーカーを志望しておりました。就活サイトを利用し、説明会に参加したのがきっかけです。船用の発電機を製造・販売している独自性の強い会社だと思い、またその中で陸上部門にも進出しているというところに興味を持ち、入社を決めたという経緯になります。

入社されてから、ずっと陸用営業本部でお仕事をされているのですか。

はい。就職面接の段階から陸用営業部の配属を希望しており、希望通り今でも同じ営業業務を担当させてもらっています。船舶部門がメインの会社ではありますが、だからこそ陸用部門の成長を期待されており、新規開拓も多く、より自分の力を試すことができるフィールドだと思っています。

新たなお客さまを開拓する営業は、難しい面もありますが、やりがいも大きいかと思います。

そうですね。陸用の営業は仕事の可能性や幅が広く、特に海外では電気が通っていない国や地域が多いので、インフラの一端を担うこともあり、大きな責任を感じます。
また、国内の陸用発電機については、たとえば野外フェスなど電気が通っていない場所に電気を作ることで、我々がイベントを支えている実感を持てるのがやりがいにつながります。さらに非常用発電機としても、災害などの際に市民を守るという責任もあるので、これも大きなやりがいですね。

今後、どのような目標がありますか。

いま私がメインで営業を担当しているお客さまは、発電装置のメーカーです。私たちは、その発電装置の中に入っている発電機単体と制御盤を販売しています。大洋電機の発電機と制御盤、他社のエンジンを組み合せてひとつの発電装置が完成するのですが、大洋電機はシステムメーカーなので発電装置も製造できます。今後は、大洋ブランドとして陸用の発電装置を販売していきたいというのが目標です。

入社してよかったと喜びを感じるのは、どんなときですか。

仕事面では、受注が取れたときの喜びが大きいのは言うまでもありません。そのほかでは、業務を離れた飲み会などのイベントで、上司に自分の意見を伝えることができる環境、また、その意見をきちんと聞いてくれる風通しの良さを実感したときは、本当に大洋電機に入ってよかったなと思いますね。

今後入社を希望される方になにかメッセージはありますか。

一人ひとりの役割が大きく、若手にもチャンスがある会社です。いま、私は「エンジニアリング業務」という新たな事業に営業として関わらせていただいています。ユーザーに直接販売をしたり、大きなビルに非常用発電機を入れるための工事を計画・設計・取り纏め・アフターサービスまで当社で実施するといった動きをしています。特に陸用部門は新規事業に関わることができますので、とてもやりがいがあると思います。ぜひ希望してもらえればと思いますね。

一日の流れ

9:00
出社

メールチェック、他の営業の報告書の確認、今日のタスク・予定を立てる。
朝一のメールチェックで、簡単に返せるものはすぐに返信、工場への展開が必要なものは展開、など対応を早めに済ませるように意識しています。
他の営業の報告書チェックも重要な情報収集の一つです。

9:15
始業・朝礼

社訓の唱和と各営業の予定を確認することが目的。
司会は交代制で営業のネタとなるような時事問題等を共有します。
部内朝礼以外にも、月に一度、社長・副社長も参加する本社全体の朝礼があります。
又、月に一度朝一から1h営業連絡会議を実施しています。

10:00
来客

取引先との情報交換
都内のお客様や外注先もあり、来客は少なくありません。
直接会って話すと、取引先の動向や同業他社の話など、貴重な情報収集ができます。

11:00
業務

工程管理、顧客からの生産追加や仕様変更などの連絡に対応。
長年取引のある顧客の工程管理は、客先からくる注文を整理して工場へオーダーし、出荷指示をする、出荷した製品の請求をして入金を確認する、というのがルーティーン。難しい依頼を受けた時の工場との調整が腕の見せ所です。他部門と連携してできるだけ要望に沿えるように努力していくことで、お客様との信頼関係を築いています。

12:10
昼休み~13:00

基本は会社の弁当。昼食後は必ず同期と散歩に出かけています。

13:00
業務

午後の打合せに向けて資料を作成。

14:00
客先を訪問し、仕様打合せ

長年取引のある顧客に対して見積りと提案書を持ってプレゼンし新機種の採用を提案する。
営業だけで客先を訪問し、打合せをすることもあるので、営業でも製品知識は求められます。

15:00
業務

打合せした内容を整理し、客先の要望を技術部門に展開。
顧客との窓口である営業が内容を分かっていないと工場への展開がうまくいきません。顧客のニーズを確実に工場へ伝えて他部門と連携を取り、一体感をもって案件を進めるよう意識しています。

17:00
業務

翌日以降のタスクを纏める。

17:45
定時

18:00
退社

19:00
場合によっては19:00頃まで残業有)

退社後、会社の英会話に参加することもあります。
又、3ヶ月に一度くらいの頻度で平日の夜開催されるフットサル部の活動に参加することもある。

本社 採用エントリー 本社採用はこちらのエントリーフォームからご応募ください。